読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Records and remembrance

the report of Masaaki Monden 門田匡陽氏関連の情報を集めています。※非公式

Poet-type.M - Introduction [to 神の犬 (Do Justice To?)]

夜空の冷たさは溜め息を凍らせ、有機ELの光に照らされたビルの屋上で、君はもうずっと待っている。燃えるような夜の虹、オーロラを。

眼下には黒い礼服の亡霊たち。右手にランタンを下げ、左手はポケットの中。口先に新しい呪詛の言葉をぶら下げながら、彼らの列は途切れることを知らない。

誰かが言う。「俺たちは希望とかいう、居もしない神の下僕だ。」君はその言葉を否定するだろうか。

ランドマークターミナルの大型スクリーンに中身のないニュースが映し出され、町中のBARで中身のない会話が交差する時間、どこからともなく中身のないヒット曲が流れてくる。よく耳を澄ませて。君はこの街を見下ろし、そっと呟く。

「俺たちは、神の犬」