Records and remembrance

the report of Masaaki Monden 門田匡陽氏関連の情報を集めています。※非公式

Good Dog Happy Men - 4人のゴブリン大いに躍る (詩)

赫く染まったあるお城 どんどん闇に溶けていく
辺りは静まり草木は耳打ちでおしゃべり
おやおや何やら黒い影

その黒い影、いや、影たちは背中に
何かを背負っていたのです。
そして彼らは、奇妙な踊りを踊り始めます。

よく見るとその影は4つ、各々の好きな楽器を
背負って、月の光を音に変え、夜が明けるまで踊るのです。
理由はなく、しがらみもなく。猫のような顔をしたローズマリー
彼等を見てこう言います。「風がもっと吹けばいいのに。そうすれば
この音楽が遠く離れた海亀さんや、白鳥の姫様、果ては
南十時まで届くのに。」

4人の影は踊り続けます。そして月と太陽が入れかわる頃、
4人はこう思いました。「彼等の踊りはきっとみんなに伝わったさ、
伝わり方はいろいろ誰かによって違うだろうけど、それだけで僕等
は大満足さ。」4人がお城へ帰る頃、寝ていた草木は
踊りだし、風は歌い始めるのです。
そして、4人のゴブリン達がまた奇妙な踊りを始めるのを、
うれしく思うのです。


CDトレイ下に手書き書かれている詩。段落ごとに、門田→韮沢→伊藤→内田の順で書かれたと思われる。