読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Records and remembrance

the report of Masaaki Monden 門田匡陽氏関連の情報を集めています。※非公式

Good Dog Happy Men - 4人のゴブリン大いに躍る

Good Dog Happy Men Mini Album Release castle

基本情報

  • リリース: 2005年06月01日
  • 形態: CD
  • レーベル: castle
  • 品番: CASL-01
  • 流通方法: ハイラインレコーズ限定販売
  • 定価: 1,500円 (税別)

収録曲

  1. 息吹と共に混沌を裂いて
    • インタビューより: 年末に開催していたワンマンイベント「Moonlight Medicine」開催にあたって、GDHMとしての個性がある曲で始めたくて作られた曲。*1
  2. キャンプファイヤーソング
    • Quip vol.40のサンプラーCDにミックス違いのバージョンが収録されている。また、vol.44にはアレンジ違いの「梟ver」が収録されている。
    • インタビューより: ギターのアルペジオは、The WhoのPete Townsendと(David Bowieのバックの)Mick Ronsonが弾きがっているフレーズを奪い取った気持ちで演奏した*2*1
  3. 林檎
    • MC等で度々内容について含みがあると語られる楽曲。
    • インタビューより: BURGER NUDS時代に作られたが、3人じゃ無理な曲だと演奏しなかった。GDHMでいちばん最初にやった曲(筆者注:初めて「演奏」した曲。「黄金の鐘」はGDHMとして初めて「作曲」した曲)。「空気」を作る音楽。(3:53頃歌われる)歌詞カードに記載の無い「あのウエイター」という部分は「I'm a waiter」も意図している。 *1
  4. trick or treat
    • インタビューより: 当時の恋人へ別れを告げる前夜に眠れず、夜中作り朝録音した。タイトルはその恋人と自分(門田)の関係を表した言葉。生活の中から曲ができるのは高校以来で、パーソナルなことを歌うのは最初恥ずかしかった。 *1
  5. 微笑とメロディー
    • インタビューより: 歌詞そのままの生活を今も昔も送ってきて、全然色褪せない。それが「魔法が解けても なにも忘れなかった」 *1
    • 『Turn Turn Turn』…The Byrdsに同名の楽曲がある*3

クレジット

  • 門田匡陽
    Diva (All Songs), 6&12 Strings Vibration (All Songs)
  • 韮沢雄希
    4+ Goblin Waltz (M1), 4+ Dancing Moon (M2), 4+ Pulsation (M3), 4+ Kindly Mind (M4), 4+ Merry goround (M5)
  • 内田武瑠
    Don Dan Thain Thien (M1), Gutsu Gutsu (M1), Mark Sticks (M2, 5), Wonderful Feel with DAICHI (M3), Brushes Drum・Clip Thien (M4)
  • 伊藤大地
    Percussion Brothers (M1, 2, 4, 5), Tap Conga (M2, 5), Melody Conga (M4), Walking Drums (M1), Wonderful Feel with TAKERU (M3), 口笛 (M4)

  • Percussion Brothers are Tambourine, Bell, YOSAKU, Shaker, Jam Block

役割 名前
作詞 門田匡陽
作曲・編曲 Good Dog Happy Men
Voice Strings all Goblin
Produced by castle / Good Dog Happy Men / Bohemian Arts
recording, mixing engineer 渡辺新二
mastering engineer 渡辺新二
Recorded, mastered at K.O studio *4
Design Bohemian Arts

その他

  • GDHMの初正式音源。
  • 2005-04-09 at 新宿LOFT のライブで、会場限定で先行発売された。
  • 帯記載のキャッチコピーは「愛奏のままに、出でよ新たな魔法。」
  • CDトレイの下には、4種類の筆跡で「4人のゴブリン」について書かれた文章が記載されている。*5
  • 発売元は「castle」となっているが、詳細不明。(連絡先は下北沢GARAGE Label部のものになっている *6為、GDHMによる自主レーベルだと思われる)。
  • 発売にあたり、公式サイトに「STORY1 (InternetArchive)」が掲載された。
  • 2009年にリミックスと楽曲追加のされた「4人のゴブリン大いに躍る+3」が発売されている。

*1:Quip Magazine vol.40より

*2:実際、アルペジオリフ(とドラムパターン)はDavid BowieのRebel Rebelから引用していると思われる。

*3:The Byrds - Turn! Turn! Turn! (Youtube)

*4:渡辺の所属するKnockout Recording Studioの略だと思われる。

*5:門田→韮沢→伊藤→内田の順で書かれたと思われる。

*6:GARAGEについて_下北沢GARAGE